tokyoarts gallery   2016

1/1

この作品のテーマは動物そのものではなく「動物園」。

そこで飼育されている動物達の生活環境、動物園によって違う檻のデザインや配置構成、日本の北から南まで自然環境の違いを含めて、冷静な視点で動物達の暮らしぶりや違いを捉えてみた。動物達の檻は時代と共に変化を続けていて、檻のデザインで作られた時代がわかるくらいだ。昨今はお金を掛けて新しく改築していく動物園も増え、動物達のストレスをなるべく軽減するような努力が見られる。

人間も動物も与えられた環境に慣れるまで時間は掛かるが、劣悪な環境にも他より優れた環境にも、いつの間にか慣れて順応していく。動物達は他の環境を知らないので、もしかしたら我々が考えるほどストレスを感じてはいないのかもしれない。

しかし、私が出会った動物で人に見られていること自体がストレスだと解る動物がいたのも間違いない事実だ。ただ同時に、そこには子供達の歓喜で幸せが溢れている。たくさんの子供達が興奮し泣き笑い、時には触れ合い、心に何かを刻んでいるのを感じる。その時動物達に敬意と感謝をもち、動物園で暮らす動物達の存在意味がわかる。そこで感じたのは、動物園ではなく、社会の縮図だ。

様々な環境の中、それぞれに役割を持って生活し、それぞれが望む望まざるに関わらず、大きな社会の中でお互いに支え合って生きているのだ。

このホームページは舞山秀一の作品紹介を目的としており、掲載している写真は肖像権を得ておりません。

不都合がございましたら速やかに削除・変更致しますのでご連絡頂けますよう宜しくお願いします。

また、このホームページの写真及びテキストを無断転載することをお断りします。

関係者各位のご理解のほど、宜しくお願いします。​

This homepage is produced as work collection of Hidekazu Maiyama, and the permission of the portrait right is not obtained. 

Please contact us if there are any inconvenience. It will be deleted or changed.

No part of this document, photo, or transmitted in any from or by any means without prior written permissio​n.

 

Copyright©1986-2018 Hidekazu Maiyama All rights reserved.